マイナチュレが頭皮に与える効果をわかりやすく分析してみた

効果の出方

マイナチュレの効果っていわれても、もう知っているよ!という方も多いかもしれません。でも、リニューアルしたマイナチュレはいくつかの効果を出すための工夫を凝らし、新たに成分も追加しているのです。今回は頭皮に関する効果について改めて分析してみました。

マイナチュレの育毛に対するアプローチは頭皮を〇〇するところから

マイナチュレの育毛剤は以前から、頭皮の環境改善に力を入れていました。今回リニューアルしてからは、更に頭皮に焦点を当て、より確実に育毛に繋げられるように工夫しているように感じます。そのイメージも、マイナチュレの公式HPで書かれているように「防ぐ、守る、整える」という3つのちからに集約されています。体内外からのトラブルを防ぎ、ダメージから守り、頭皮を整える。一見して、顔の肌のことを言っている?とも思えるほど皮膚にとっては大事で当たり前のことですが、その考え方を頭皮にも導入し、髪の毛だけに任せっきりだった頭皮の保護を育毛剤によって行おうとしているのです。

マイナチュレの頭皮へのアプローチはこまごまとした効果に表れる

頭皮へ上記の3つのアプローチを行った結果、表れる効果はどういったものがあるのでしょうか。

防ぐ

頭皮の炎症などのトラブルを防ぎ、血行を良くすることです。血行が悪くなると肩こり同様、頭皮も硬くなりますよね。逆に言えば、「防ぐ」ことができれば血行が良くなり、髪を作るための栄養分がしっかり運べるようになる効果が出てきます。

守る

日常的に浴び続けている紫外線や、ヘアカラー、老廃物などから受けるダメージから守ることです。ダメージによって頭皮の新陳代謝が悪くなったり、本来の働きが鈍くなり、抜け毛の原因にもなります。それを防ぐことができるので、抜け毛予防、あるいは抜け毛が減る効果があります。この紫外線から守る効果については、権威のある日本薬学会でも発表されて話題になっていますので、確かに効果的なのだろうと推測できます。

整える

健康で抜けにくい髪の毛の土台となる真皮をしっかり肥やすということ。健康的なふっくらとした頭皮にする効果がありますので、根っこが安定した髪の毛は、抜けにくく、成長期も長く続く健康的な生え方になるでしょう。

マイナチュレで最終的には育毛効果として表れる

最終的には、マイナチュレで総合的に育毛効果として表れるのですが、その前提として、頭皮がまず健康的でなくてはなりませんよね。単純に薬剤で抜けにくくしたり、新たな成長を活発化するだけではなかなか改善し辛い薄毛も、作物で言えば畑の土にあたる「頭皮」をまず健康的にすることで最終的に育毛効果につながってきます。育毛活動の過程で、頭皮がふっくらしたり、血行が良くなったり、抜け毛が減るといったこまごまとした効果になって表れますので、日々小さな変化に敏感になりつつケアを続けると、楽しく続けられるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました